グローバル・ヒンディー・モニカ HOMEインド映画でヒンディー語を学ぼう

monika

インドの言葉を話したい。
インドの美しい文化に触れてみたい。インドをもっと身近に感じたい、そんなあなたをお待ちしております。

講師紹介はこちら

グローバル・ヒンディー・モニカ facebook

ちょこっとCM

rajmahal

インド映画でヒンディー語を学ぼう

profile

インド旅行や食を通じてインドの文化に触れ親しむのもおすすめですが、インド映画で言葉を学んでみませんか?こちらではヒンディー語を学べるインド映画の魅力をご紹介します。

インドは映画大国

映画作りが盛んな国と言えばアメリカというイメージがありますが、インドはそれを凌ぐほど映画作りが盛んな国で、年間の製作本数は世界一です。インドは多言語国家ですが、公用語であるヒンディー語の映画は全国上映されるため、とくに数が多く作られています。
つまり、言葉を学ぶにもテキストが豊富で幅の広い学習が出来る点は大きな魅力の1つです。

1つの映画で何度でも楽しめる

インドで製作される映画と言うと、日本では「ミュージカル」というイメージが強いかもしれません。しかし、インド映画の魅力は決してそれだけではありません。主題となるテーマの他にもアクションや笑い、哀愁や恐怖、怒り、恋愛など様々なテーマが織り込まれていて、1つの主題にとらわれない幅広いエンターテイメント作品となっている点が特長です。ヒンディー語での表現も幅広い表現方法が登場し、1つの映画でも見る人の視点やその時の感情によって見え方が違います。

最後は必ずハッピーエンド

世界中で様々な映画が作られていますが、エンディングにはお国柄が出るものではないでしょうか。インド映画はどうかと言うと、ほとんどがハッピーエンドというところにインドらしさが出ています。映画の好みは人それぞれですが、最後にハッピーエンドが待っていると思うと、途中で悲しかったり切なかったりしても最後まで楽しめるものではないでしょうか。
まさに「終わり良ければ全てよし」というのがインド映画の親しみやすさとなっています。

インドツアーに参加してみたい、インドで暮らしてみたい、など、ヒンディー語教室に通う方には様々な目標があります。言葉だけでなくインド文化やお国柄に親しむことの出来るインド映画は、ヒンディー語上達の近道です。

当教室でも上級者向けテキストとして取り入れていますので、映画を見ながらバイリンガルやトリリンガルを目指してみませんか?